納骨について

納骨をする

遺骨をお墓に納めることを納骨と言います。納骨の時期は地域によって、また家庭の事情により様々ですが、一般的には四十九日(満中陰)の法要の後に行ないます。

場合によっては百力日や一周忌の法要と一緒に行なうこともありま
す。
葬儀の当日に初七日の法要、四十九日の法要を合わせて行ない、そのまま墓地への埋葬をすませてしまう
地域もあるようです。

納骨のお勤め

納骨の日は、お寺の都合を聞いて適当な日を決めます。まず本堂にお参りして読経していただき、その後お墓にお骨を納めて、再び読経して いただきます。

事前にお墓をきれいにしておき、ロウソク、線香、生花を墓前に供えることも忘れないようにします。

お寺にお骨を預ける

満中陰の忌明けまでにお墓が用意できていないときは、短期間なら仏壇の脇に安置しておくこともできます。
しかし、一年以上になるときはお寺に相談して預かってもらうか、墓地の納骨堂で仮納骨させてもらいます。

埋葬許可書

納骨には埋葬許可証が必要ですから忘れず持参し、霊園の管理者や寺院の住職に渡します。

卒塔婆は立てない

なお、浄土真宗以外の宗派では、納骨の際供養に卒塔婆を立てる習わしがあります。卒塔婆は長さ1~2メートルほどの細長い板で、亡き人の戒名が書かれたものですが、浄土真宗では一切そのようなことは行いません。

分骨

1.故人の骨を分骨すれば、故人の体が裂かれて、ばらばらになると恐れる方がいます。
2・生前仲が悪かったから、まだ怒っていて、お墓の中で喧嘩する
3・幾ら娘でも、苗字が違うから、先祖が一緒にお墓に入るのを嫌う。
これは「遺骨そのものを故人そのものとみてしまう、囚われから来ています。」
故人はすでにお浄土で仏様になり私たちに働きかけておられます。生前対立していた者同士でも「倶会一処」のお浄土では世俗のわだかまりから解放されてともに手を取り合って、念仏の教えを私たちに説いています。
そうした故人の遺徳をしのぶ縁として遺骨があるのですから、遺骨を分骨して、持ち帰った身内の人たちが、少しでも多くの亡き人の遺徳をしのび、如来様のお慈悲に会うことができれば、むしろ喜ばしいことではないのでしょうか。

本山への分骨

浄土真宗では遺骨の一部を、宗祖親鷲聖人の墓所である大谷本廟(おおたにほんびょう)に納骨する習わしがあります。
心ある門徒は、遠方からでも自分のお墓とは別に、分骨して納骨しています。

分骨は、釈尊の死を悲しんだ弟子たちが、その徳をしのんで遺骨を分けて拝んだことが発端とされています。

本山への分骨は、亡き人を宗祖親鸞聖人のお側に葬ってあげたいという思いと、同じ場所で先祖への感謝の気持ちを確かめたいという思いから始まったものです。

本願寺派は京都市東五条にある大谷本廟(通称西大谷)へ、分骨します。