海門寺の年間行事内容

1月度  報恩講法要

2月度  常例法話会

3月度  春季彼岸会法要

4月度  花祭り法要

5月度  宗祖 親鸞聖人 降誕会法要

6月度  常例法話会

7月度  お盆会法要

8月度  お盆会法要 午前と午後の2座

9月度  秋季彼岸会法要

10月度 常例法話会

11月度 常例法話会

12月度 常例法話会

年間行事内容の説明

報恩講(ほうおんこう)

 「報恩講」とは、浄土真宗の宗祖・親鸞聖人のご命日(新暦で
一月十六日)にあたり、聖人のご遺徳を偲んで営まれる法要です。

 いわば親鸞聖人のご法事にあたり、そのご恩に報いる集いとな
ります。

聖人がご生涯を通してお示しくださった「全ての生きとし生けるものをすくわずにおれない」との阿弥陀さまのご本願を、私自身がしっかりと受けとめさせていただくという浄土真宗で最も大切な仏事です。

お盆(初盆:はつぼん・新盆:にいぼん)

お盆とは東京近郊では主に七月、九州など一般には八月に行われる仏事です。

正式には「孟蘭盆(うらぼん)」といい、「逆さに吊されたような苦しみ」という意味の梵語(ぼんご)「ウランバナ」が訳されたものだといわれています。
お釈迦さまのお弟子の日連尊者が、餓鬼道(がきどう:むさぼりの世界)で、まさに「逆さに吊されたような苦しみ」を受けている母親を
救おうと、お釈迦さまの教えを請うたのがお盆の始まりとされています。

 亡き方を緑として、私たち自身が仏さまの教えを聞かせていただくことが、お盆の本当の意味でありましょう。

 また、地域によっては、亡くなられてから最初のお盆を初盆また
は新盆として盛大に行うような場合もあるようです。
法要の意味としては従来のお盆と変わりませんが、身近な方を亡くされて問もない悲しみの中で、残された私たちが亡きかたが教えてくださった大切なことを再確認する機縁と受けとらせていただきましょう。

お彼岸

「彼岸」とは、梵語の「パーラミター」を訳した「到彼岸(とうひがん)」の略で、迷いの世界(私たちの現実世界)である此岸(しがん)より、悟りの世界(仏さまの世界)である「彼岸」へ到ろうとする仏の教えがもとになっています。

 春分と秋分の日を中日としてその前後三日、計七日問が彼岸の期間で、寺院では法要(彼岸会)がつとめられます。

 この彼岸の時期には、太陽が真東から昇り真西に沈んでいきま
す。
阿弥陀さまの浄土は経典に「西方十万億の仏土を過ぎたところにある」と説かれています。
つまり、西に沈む夕日の方角に阿弥陀さまの浄土があると示されているのです。先人たちは、日の沈む西の彼方をいのちかえりし世界と仰がれていかれたのでしょう。
この彼岸をご縁としてお寺にお参りし、仏法を聴聞しましょう。

永代経          

 正式には「永代嗣堂経(えいたいしどうきょう)」といい、私たちが仏さまのみ教えに出遇わせていただくこの「本堂」が、永代にわたって保たれていきますようにとご苦労くださった先人たちの願いに感謝し、また、その願いを後の人々にも相続していこうと決意を新たにするという意味をもつ法要です。現在海門寺はこの法要は実施していません