平成29年6月号

海門寺にようこそ

大和市・綾瀬市・海老名市・座間市
に根付く開かれた浄土真宗のお寺

寶林山 海門寺は浄土真宗本願寺派(お西)のお寺です。
海門寺は大和市周辺区域の唯一の浄土真宗本願寺派の寺院です。
本山は京都 西本願寺  東京は築地本願寺です。

住所:〒242-0022

大和市柳橋1-20-7
引地台公園のすぐ近く。駅から車で5分

電話:046-263-8604

住職 六浦(旧姓髙木)秀彰  布教使・前住職 髙木規好  僧侶 仲築間和也 

 

画像の説明6月1面6月2面6月3面6月4面

海門寺紹介の動画をご覧ください

海門寺紹介

hp ni noseru syoukai

海門寺の前景

画像の説明

海門寺のこれまでの経緯

大和・綾瀬地区には、浄土真宗本願寺派(お西)の寺院は海門寺のみです。
大和地域は昭和40年代の急激な産業発展により、西日本特に九州からの転入者も多かった。

ところが同派の寺院の数が少なく、お寺探しに苦労する人が多く、「故郷と同じような帰依できるお寺を作ってほしい」との要望に応えて、大和布教所を昭和53年に現在の地に開設しました。

平成20年以降には、前住職の志を継げるべく、現住職:髙木秀彰が継職して、父であり布教使である、髙木規好のもとに法務を行い現在に至っています。

平成24年は次へのステップの足ががりでした

画像の説明

海門寺は大和市の柳橋に位置して、大和・綾瀬地区唯一の浄土真宗本願寺派 宗祖親鸞聖人の教えを布教しつつ、地域の方とともに生きる、開かれた開教寺院をめざしています。

24年4月は本堂を新装して、どなたでも自由にお参りできるように一新しました。

24年9月には、住職の六浦秀彰(旧姓髙木)が横浜市金沢区にある[長生寺]の長女・真奈美さんと結婚し、今年はさらに飛躍すべき一歩を踏み出しました。
新妻の真奈美さんは、同じく本願寺派の流れをくむ、 四百五十年の歴史を持つ由緒正しい「長生寺」の生まれです。
京都の本山でも教えを学びに行かれるほど、どのような法務でもお勤めできる僧侶の資格を持っています。    
海門寺の住職を支える坊守として精一杯努めたいと抱負を語っています。



画像の説明

海門寺タウンニュース広告

平成25年正月号
平成24年8月のお盆号
''